ガイドライン

国内データセンター

大地震などの大規模災害時にも対応する万全の防災機能を備えた国内データセンター

EC-Lifeは、国内データセンターにて24時間365日の有人監視体制をベースに、高品質・高信頼なマネージドサービスを提供します。情報セキュリティの認証基準「ISO27001」も取得済みです。
万一の大震災に備え、新耐震設計法に基づいて設計されており、震度7レベルの地震にも耐えられる構造となっています。消火システムは先進のガス・ベース防火システムを使用しています。

データセンター各ファシリティについて

監視サービス

監視サービス

お客様がご利用されているラック内に搭載されたハードウェアに対して、各種様々な監視サービスをご提供いたします。

多重空間管理環境

多重空間管理環境

温度を一定に保ち最適な空調を保つため、中心となる冷却システムに加え、複数のユニットを備えています。

UPSバックアップ発電機

UPSバックアップ発電機

UPS(無停電電源装置)により、商用電源に障害が発生した場合にも、安定した電源を供給しています。また、商用電力の停電時にも自家発電設備により、電力を供給します。

ラック/ゲージ

ラック/ゲージ

キャビネットタイプのラック、及びケージ内のオープンラックは、十分な強度を保つ耐震工法により設置されています。

火災予兆検知システム

火災予兆検知システム

空気中の微粒子を感知することにより、火災の前兆レベルで警報を発します。

ガスペース消化システム

ガスペース消化システム

不活性ガスの放出により、お客様機器に損傷を与えずに消火します。